マレーシア不動産をトータルでサポート!
(クアラルンプール、ジョホール、ペナン)
MM2Hは16年の実績、留学もサポート
(03)6661-7683 営業時間  10:00~18:00(日祝祭は休業)〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町14-6 水口ビル3F
アパマンショップ
※ レート: 1RM = 27.06円 (2018/08/14 09:10 現在)

ホーム > マレーシアと日本の不動産市場の違う点 > 6) 部屋の向き:「日の入らない北や南が人気!」

  • MM2Hと永住権
  • 留学サポート
  • 日本企業進出サポート
  • 国際税務とマレーシアでの資産運用
  • MM2H、留学下見ツアー
  • 代理店募集

マレーシアと日本の不動産市場の違う点

6) 部屋の向き:「日の入らない北や南が人気!」

日本では部屋を選ぶ際、例外無く「日当たりの良い南向き」と言いますが、これはマーシアでは当てはまりません。

マレーシアは常夏の国ですので、日が当たらない部屋が暑くなくて良いとされます。また赤道直下と言う事で、冬(12月)でも日が南から斜めに差し込むと言う事はありません。太陽が通年頭の上を通過する感じで、北と南を向いた部屋は殆ど日が差し込まず暑く無い部屋と言えます。(因みに日照時間も年中ほぼ同じで、朝7時過ぎに太陽が昇り、夜7時過ぎに沈むと言う感覚です)

従って西を向いた部屋は午後の西日を受け暑い部屋と考えられ、現地人は敬遠する人もかなりいます。(夕日を好む人で西向きを好む人もいますが)東を向いた部屋は朝日は浴びるが西日ほど暑くなく、風水上も良いといって好む人も多くいます。