マレーシア不動産をトータルでサポート!
(クアラルンプール、ジョホール、ペナン)
MM2Hは10年の実績、留学もサポート
(03)6661-7683 営業時間  10:00~18:00(日祝祭は休業)〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町14-6 水口ビル3F
アパマンショップ
※ レート: 1RM = 25.18円 (2017/03/23 09:06 現在)

ホーム > 日本企業進出サポート

日本企業進出サポート

1. 一般状況と有望産業

 マレーシアの国家目標は、2020年に先進国家入りし、それまでの10年間で所得を倍増しようというものです。人口は若い人を中心に毎年2%以上で増えていますので、10年間で20%、2010年の約2,900万人の人口が約3,500万人になる事を意味します。1人当たりGDPで2008年のUS$8,000から2020年のUS$16,000が目標で、2013年時点でほぼ計画とおりに推移しています。

 上記の状況下で、マレーシアでは国内消費が好調で、今後も当面この傾向が続くと思います。更に現地人の日本の文化や料理に対する関心が高い事もあり、現地でジャスコ、伊勢丹、ダイソー(100円ショップ)、ユニクロ等の日本の流通企業が成功しています。KLの豪華モール(パビリオン)の6階は東京ストリートと言う日本食レストラン等を約70店舗集めた商店街があり人気となっています。

 今までマレーシアに進出した日本企業は殆どが電気、半導体関係を中心にした製造業でした。中国に比較して人件費の上昇も急激で無く、部品関係の調達も容易で、物流面でもアドバンテージがあるマレーシアは、継続的に日本の製造業の進出先となっています。人手不足の状況も出て来ていますが、今後日本の製造業が大きくマレーシアを離れる事は無いと思います。

 今後、更に流通やサービス業、他の産業のマレーシア進出が進むと思われます。ユニークな業種としては、不動産開発業があります。三井不動産は現地の開発会社(E&O社)と合弁で現地富裕層と外国人向けに高級コンドミニム開発に乗り出しました。更にKL国際空港の近くにアウトレットモールを2014年末にオープンさせる事も決まっています。三井不動産のマレーシア進出に関しては、弊社で過去4年に渡りお手伝いをさせて頂いています。他の不動産開発会社もマレーシア進出を進めていると聞いております。

 日本で不動産を所有する法人企業や不動産投資ファンドの日本からマレーシアへの不動産資産の入れ替えも今後進むと考えられます。住宅だけでなく今後はオフィスビルや商業物件の投資も増えると思います。

弊社サポート内容と実績

弊社は以下の内容で、日本企業様のマレーシア進出のお手伝いをさせて頂いております。

  1. 店舗出店のお手伝い
    現地進出を希望されるレストラン、居酒屋等の店舗探しをお手伝いします。
  2. オフィス探しのお手伝い
    現地進出で必要となるオフィス探しをお手伝いします。本格的なオフィス契約の前の一時的なシェアーオフィスも紹介可能です。
  3. 現地駐在する日本人の居住用コンドミニウム
    オフィスとの通勤、予算に基きお探しします。
  4. 現地投資用 オフィスビル、商業物件の紹介
    お客様の予算、投資基準により物件をご紹介します。
  5. 不動産開発に関するコンサル業務
    現地の規制、市場概要、合弁パートナー候補等に付いてアドバイス致します。
  6. 現地での会社設立、人材採用等に当たり、現地の弁護士、会計士、Company Secretary、金融機関等を紹介致します。

弊社では今までに下記の日本企業のマレーシア進出をお手伝いしました。

  1. 三井不動産様
    1. 現地優良開発会社E&O社を紹介し、クアラルンプールで高級コンドミニウム開発を合弁で進める事に至りました。
    2. 三井アウトレットモールのマレーシア進出に当たり現地パートナーを紹介し、合弁でマレーシア発のアウトレットモール建設する事になりました。(KL国際空港近くで2014年に開業予定)

  2. 進グループ様
    クアラルンプールでの高級寿司店開設の為の店舗斡旋し、スタッフの住居探しをお手伝いしました。

  3. Galaxy不動産投資ファンド
    マレーシアでの投資会社設立をお手伝いし、現地で3,000万リンギ(約9億円)の投資を開始しました。