マレーシア不動産をトータルでサポート!
(クアラルンプール、ジョホール、ペナン)
MM2Hは16年の実績、留学もサポート
(03)6661-7683 営業時間  10:00~18:00(日祝祭は休業)〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町14-6 水口ビル3F
アパマンショップ
※ レート: 1RM = 27.05円 (2018/12/17 14:14 現在)

ホーム > 社長コラム > クアラルンプールのMRT1号線に試乗しました!

社長コラム

クアラルンプールのMRT1号線に試乗しました!

2017年08月24日 09:52

クアラルンプールで本格的なマストラ(大量輸送電車)の1号線(Sungai Buloh-Kajang線)が先月17日に全線開通し、私も家族と一緒に試乗して見ました。全長51キロ、31の新駅が誕生と言う本格的な電車網です。

マレーシアの事なのでそれ程大した物では無いであろうと思って試乗しましたが、予想に反して大変綺麗な駅、電車で大変快適、静かな乗り心地でした。日本の駅や電車より綺麗で快適と言っても良い位でした。私はSurianと言うKL北西部の駅から乗車して約1時間(25駅ほど)掛けて終点のKajang駅まで行きましたが、驚いた事に運賃はたったRM2.25(約58円!)でした。

831日のマレーシア独立記念日までの約1ヶ月半が半分の運賃と言う事ではありますが、正式運賃でも25駅、1時間乗り120円程度は日本人には信じれません。(マレーシアの電気代や人件費が安い為と思われます)

殆どが高架(高い位置の)線路を走るため車両両側に景色が楽しめます。Taman Tun駅近くではゴルフ場が目の前に広がりとても綺麗でした。(ゴルフボールが飛んでくるかと思うぐらいに近くを走ります!)

KL北西部のSungai Buloh駅を出発し、KLセントラル駅と地下で繋がるMusium Negara駅(国立博物館駅)当たりから地下に入り、都心のBukit BintangTRX(KL金融特区)等を地下鉄として走り、Cheras地域を抜けて終点のKajanag駅まで全区間で約80分の運行時間です。

Kajangはマレーシアの焼き鳥:Satay(サテー)で有名な町です。MRT1号線が出来てからHJ Samuriと言う有名店は客が5割以上増えたと言っています。この店はStadium Kajangと言う駅の前にあり、常に客が並ぶほど人気店です。我が家族もそこで試食しましたが、中々の美味でした。(甘いピーナッツソースで食べるので日本の焼き鳥の雰囲気とは違いますが。。)

KLを訪問されたらMRT1号線に試乗し、このサテーを食べるのもお勧めです。但しかなり並ぶ事は覚悟して下さい。サテーを食べなくても快適なMRTの電車の旅を楽しんで下さい!


関連カテゴリ: マレーシア生活編