マレーシア不動産をトータルでサポート!
(クアラルンプール、ジョホール、ペナン)
MM2Hは10年の実績、留学もサポート
(03)6661-7683 営業時間  10:00~18:00(日祝祭は休業)〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町14-6 水口ビル3F
アパマンショップ
※ レート: 1RM = 26.13円 (2017/05/26 09:03 現在)

ホーム > 最新情報 > セミナー報告「BBCCプロジェクトとルセンティアレジデンス」の概要を掲載します

最新情報

セミナー報告「BBCCプロジェクトとルセンティアレジデンス」の概要を掲載します

2016年12月01日 10:39

11月27日(日) ベルサール東京日本橋で開催された「マレーシア不動産と海外税務セミナー」でご紹介した、BBCCプロジェクトとルセンティアレジデンスの概要を掲載します。

KL都心の新規プロジェクトである、ブキッビンタンシティセンター(略称:BBCC)には、三井不動産の「ららぽーとモール」の進出が決定しています。

BBCCプロジェクトは、ブキッビンタン近くの再開発プロジェクトで、オフィス、大型モール、公園、ホテル、コンドミニウムを含む大型複合開発計画です。BBCCは鉄道2線が交差するHuang Tauh駅に隣接し、MRT1号線が完成するとMerdeka駅にも連結されます。

BBCCには「ららぽーとモール」以外に、ソニー・ミュージックエンタテインメント「Zepp」ライブ・コンサートホールも進出が決定しています。

モール隣接のコンドミニウムである「ルセンティアレジデンス」は、最近新規販売となり、現地で大変人気があり、セミナーでも複数のお客様よりお申し込みしていただきました。

モールに隣接し、駅直結ということもあり日本人のロングステイ用(別荘)としてお勧めの物件です。

今回のセミナーでは、開発会社の幹部が来日し、プロジェクトの説明や個別相談を行いました。

今回、セミナーにご参加された方には、開発会社より特典が付与されましたが、2016年12月末までにお申込みされる方にも特典が付きます。

セミナーで使用した資料は、以下のPDFファイルよりご覧下さい。

価格や空室確認などの詳細は、弊社東京支店へお気軽にお問合せ下さい。